WORKS

電力小売
託送サービス

平成12年3月の電気事業法改正後、電力自由化が進み、今日ではすべての需要家様が対象となりました。お客様ご自身で、新電力を含めたすべての電力供給業者の中から、自由に選択することができます。今や電気は選ぶ時代。是非アンデンにご相談ください。

 

電力自由化とは?

既存の電力会社以外からも電気を購入できるようになりました

電力自由化は、平成12年3月の電気事業法改正後段階的に進められ、現在ではすべての需要家様が対象となりました。お客様は、電力の購入先を、「新電力」を含めたすべての電力供給業者の中から、自由に選択することができます。 
 

 
 

 

電力自由化の背景

 
 
 


”新電力”とは?

 
   

新電力の特徴

●新電力は送電線等の資産を持たず、既存の電力会社の設備を借りて電気を供給する
●小売り専業でコスト削減を徹底するので、既存の電力会社より安く電気を供給する
●需要家の契約切替は書類上の手続き・提出のみで、基本的には初期投資は無しで切替が可能
 
 
 


電力会社変更にあたって必要な手続き

メーターの交換が必要ですが、お客様の費用は掛かりません

1.情報のご開示
直近12ヶ月分の電気使用量データ(電気のご請求書)をご提出下さい。
 
2.電気料金比較検討書を弊社からご提出
既存地域電力会社のプランに対してどの程度削減が可能かを確認いただきます。
 
3.切替手続き
切替手続きに必要な書類(電力小売供給申込書等)の作成や電力メーターの交換作業等を行います。
 
 
 


エネルギーサービスプロバイダー(ESP)方式の役割とは?

電力自由化が進んでいるとは言え、自由化による恩恵を得られているのは一部の大口需要家のみに留まっています。 アンデンではお客様と発電事業者との間に立ち、複数のお客様の窓口として安価な電力をお客様にお届けできるよう発電事業者に交渉・協議し、お客様にメリットをお届けしています。1件1件では比較的小規模な電気使用量のお客様でも、弊社が取りまとめさせて頂くことで電気料金の削減が可能となるのです。サービス導入以降も、最適な電力購買先から安価な電力をお届けして参りますのでご期待ください。
 
①業界トップクラスの信頼性のある新電力を選定
財務体質・業績・環境面の配慮等、情報網及び審査機関を通じ専門的に査定
 

②3200件以上の契約実績をもって価格交渉をおこない最適プランをご提案
厳選した新電力各社へ価格交渉を行い、お客様に最適な価格をご提案
 
③提案から切替までの手続きを代行
比較提案から契約切替までの書類収集・作成・申請等、複雑な業務をサポート
 
④削減効果の見える化を実施
契約1年後、実際の提案に対しての効果実績を提出し実削減額を確認
 
⑤契約継続時の再交渉を実施
価格を維持・継続、+αするために再交渉を実施

 
  
 

地域電力会社から新電力へ切り替えることによるデメリット

地域電力会社が潰れることはありません。それに対して新電力は事業撤退もしくは倒産の可能性は100%無いとは言えません。 
 

その場合・・・
①それらが原因で電気が止まることはありません。
②ただし、他の新電力に速やかに乗り換えが出来ない場合は、地域電力会社に戻ることになります。
→新電力で安く購入していた価格が戻ります。
→割引がついていた場合は一旦なくなります。
→地域電力会社と再契約後1年以内での新電力への切替は中途解約扱いとなり精算金が発生します。

 
  

導入の流れ

 
導入の流れ
 
切り替え終了までには概ね3ヶ月程度の期間が必要です。
※既に”スマートメーター”がついている場合は交換の必要はありません。交換の際に短時間の停電が発生するケースもございますので、詳細確認・日時の指定等は、工事担当者に直接ご相談ください。
 
 

導入事例

事例2
公共事例1
事例15
公共事例2
事例9
事例11
公共事例3
事例16
公共事例7
公共事例5
事例12
公共事例6
事例7
公共事例8
事例6
公共事例9
事例10
公共事例4
事例1
公共事例12
事例8
公共事例10
事例4
事例3
公共事例11
事例13
事例14
 
 
 
 
電工・施工管理電工・施工管理

 
電力省エネコンサルティング電力省エネコンサルティング
 
施工実績施工実績